こんな相続対策を考える お客様に実践したいアドバイス【Case3】

こんな相続対策を考える お客様に実践したいアドバイス【Case3】

あわせて読みたい

トップ,略奪

(画像=PIXTA)

【case3】子どもたちが不仲であるものの妻がいれば争族にならないと思っているお客様

早い段階での不動産の現金化や遺言で争族に備えることをアドバイス

相続が発生すると、相続人の間で争いが生じてしまい、遺産分割協議が一向にまとまらないことがある。遺産分割協議が調わなければ、配偶者の税額軽減の特例や小規模宅地等の特例は適用できない。遺産が自由に使えず納税に充てることもできなくなってしまう。

調整役の母親が不在となりトラブル

続きを見る(外部サイト)

zuu onlineカテゴリの最新記事