「相続・遺言」アドバイスの処方箋【第8回】不動産の相続税評価額の考え方

「相続・遺言」アドバイスの処方箋【第8回】不動産の相続税評価額の考え方

あわせて読みたい

在宅ワーク

(画像=PIXTA)
今回の質問
財産が、ほぼ自宅としている一戸建てだけというお客様から、自宅の評価額はどれくらいになるのか知りたいと聞かれました。どのように計算するのでしょうか。また一戸建てとマンションでは評価方法が異なるのでしょうか。

お客様が不動産を所有しているのであれば、相続発生時の評価方法を知ってもらうとよい。不動産の価格には、㋐公示価格、㋑路線価、㋒固定資産税評価額(固定資産税納税通知書の課税明細書の価格)などがある。このうち相続税や贈与税を計算する場合、土地については㋑路線価および㋒固定資産税評価額、建物については㋒固定資産税評価額を用いる。

今回は戸建てとマンションについて、相続税評価額をどう考えるか見ていこう。

路線価を見て大まかに評価

①一戸建て

続きを見る(外部サイト)

zuu onlineカテゴリの最新記事