これからの投資価値向上が期待できる「本当に住みやすい街大賞」首都圏のトップは川口で、2位は赤羽、3位がたまプラーザ

これからの投資価値向上が期待できる「本当に住みやすい街大賞」首都圏のトップは川口で、2位は赤羽、3位がたまプラーザ

あわせて読みたい

世の中には、住んでみたい街に関するランキング調査があります。しかしその多くは現実に住みやすいかどうかではなく単なるあこがれやイメージに基づく調査が多い傾向です。一方住宅金融専門会社のアルヒが実施している『本当に住みやすい街大賞』は、各種のデータに基づくランキングになっているため、上位にランクした街は賃貸住宅ニーズも安定し不動産投資先としての魅力が高い街といえます。

首都圏におけるランキングのトップは埼玉県の川口

不動産投資

(画像=moonrise/stock.adobe.com)

首都圏を対象とする『本当に住みやすい街大賞2020』におけるベスト10に挙がった街は以下の通りです。

順位 街名 路線
1位 川口 JR京浜東北線
2位 赤羽 JR埼京線
3位 たまプラーザ 東急田園都市線
4位 柏の葉キャンパス 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス
5位 入谷 東京メトロ地下鉄日比谷線
6位 王子 JR京浜東北線
7位 武蔵小金井 JR中央本線
8位 小岩 JR総武線
9位 ひばりヶ丘 西武池袋線
10位 東雲(しののめ) 東京臨海高速鉄道りんかい線

住んでみたい街や住みたい街のランキングでは、上位に横浜、恵比寿、吉祥寺、自由が丘などの人気スポットが並びがちです。しかし『本当に住みやすい街大賞』の顔ぶれはまったく異なっています。

価格や賃料などのコストパフォーマンスの高い街

『本当に住みやすい街対象』のランキングの顔ぶれが異なる理由は、以下の5項目からそれぞれの街を評価および総合得点によって順位を決めているからです。

  • 発展性
  • 住環境
  • 交通の利便性
  • コストパフォーマンス
  • 教育・文化環境

住みたい街ランキングの上位に挙がる街の多くは、住みたいと思っても価格や賃料などの面で一般の人にとってはなかなか手が届かないことが多い傾向です。しかし『本当に住みやすい街大賞』の上位の街は、多くの人にとってマイホームを買ったり賃貸住宅を借りたりするといった点から現実味のある街といえるでしょう。

コストパフォーマンスのいい街というだけでなく将来の発展性や住環境の良さなどが評価されているため、今後の不動産投資先として魅力のあるエリアです。

東京に隣接するマンション立地先として注目度が高まる川口

『本当に住みやすい街大賞2020』で1位になったのは最寄り路線がJR京浜東北線の埼玉県川口市でした。高齢者にとっては「キューポラのある街」「鋳物の街」「風俗の街」といったイメージが強いかもしれません。しかし東京都に隣接する利便性の高さが注目され駅前では大規模な再開発が進んで街の様相は一変しています。

駅前に超高層マンションが林立し2023年には28階建ての超高層マンションが完成します。川口市は、1998年には55階建ての超高層マンションが建設されて2004年まで分譲マンションとしては高さ日本一を維持してきた実績のある街です。また駅前には大規模な商業施設がオープンしJR各線で東京、上野、品川、横浜だけではなく池袋、新宿、渋谷といった副都心とも直結しています。

こうした交通アクセスの良さは、賃貸住宅入居者にとっては大きな魅力です。今後は賃貸住宅の立地先としても注目度が高まり不動産投資先として魅力ある街になるのではないでしょうか。

昔ながらの商店街が元気で東京の下町風情が色濃く残る赤羽

第2位にランクした赤羽は東京都北区にあり「JR京浜東北線」「JR東京上野ライン」「JR湘南新宿ライン」などが利用できます。都心のさまざまなエリアへ乗車時間15~20分程度と非常に交通アクセスに恵まれた街です。もともと駅前には「赤羽一番街商店街」「赤羽スズラン通り商店街」といった2つの商店街があり昭和の香りをただよわせながら元気でがんばっています。

大手スーパーを中核店舗とする大規模商業施設もあり都心近くにありながら下町風情のただよう住みやすい街です。しかも駅前の大規模団地が再生事業によって最新の賃貸住宅街に建て替えられ一段と街の活性化が進んでいます。一節には“NEXT吉祥寺”という声も上がるほどで将来性も期待できる街といえるでしょう。

第3位のたまプラーザは、東急グループによって計画的に開発された駅周辺や整備された住宅街が高く評価され東急田園都市線でも屈指の人気エリアです。それが最近では、駅直結の大規模商業施設のオープン、近隣大規模団地の建て替えの進行とともに一段と環境整備が進むものと期待され、さらに注目度が高まっています。

駅から離れたエリアには一戸建て中心の住宅街が広がっていますが駅周辺には賃貸マンションなども多く今後は不動産投資先としても注目度が高まるはずです。こうした将来性のある街に投資するのも長い目でみた資産の拡大につながるのではないでしょうか。(提供:YANUSY

【あなたにオススメ YANUSY】
副業ブームの日本!サラリーマン大家になるなら覚えておきたいこと
2019年以降の不動産投資は「コミュニティ」が欠かせない
賃貸業界の黒船になるか。インド発のOYOの実態
不動産所得での節税に欠かせない必要経費の知識
賃貸管理上でのトラブル対応術とは?

続きを見る(外部サイト)

zuu onlineカテゴリの最新記事