投資はヒット&アウェイ!資金管理は守りではなく 「攻め」 そのもの

投資はヒット&アウェイ!資金管理は守りではなく 「攻め」 そのもの

あわせて読みたい

競売不動産

(画像=tadamichi/Shutterstock.com)

(本記事は、津井 輝氏の著書『「競売不動産」で資産を増やす方法』実業之日本社の中から一部を抜粋・編集しています)

資金管理は守りではなく「攻め」そのもの

資金管理と聞くと、管理をする、守りだけのイメージがあります。しかし、意外にも投資においては「資金管理」こそが、「攻め」そのものになっていることに気付かされます。

資金管理こそが投資の本質です。ボクシングでたとえると、パンチを繰り出した腕は、伸びきった状態のままでは、何の役にも立たないどころか、相手に攻撃される隙を与えてしまうだけです。すぐに元の位置に戻して、防御を兼ねながら、次の攻撃の準備に入らなければなりません。ヒット&アウェイです。

FX投資を例に説明します。

一般にFXは危険な取引、博打みたいなものといわれることが多いのですが、実はそんなことはありません。薬と一緒で用法、用量により、良い効き目が出たり、毒のような効き目が出たりする効用があります。扱い方次第です。良い心がまえで扱えば良い効き目が出てきますし、悪い心がまえだと、よくない効き目がでてきます。

1回のFXトレードで大きなヤマを当てようとするのではなく、通常のビジネスのように、確実に小さな利益を積み重ねていくトレードが資金管理トレードです。

たとえば、トレードで「買い」でエントリーして、ある程度の利益が出てきたら、利益を半分確定します。同時にストップロスオーダー(自分の予想に反して相場が突然反対方向に動き出してしまった場合に備えて、損失を限定するために行う、強制的に取引を終了させる注文のこと)を、買値よりも高い価格に移動します。すると、このトレード(取引)は利益が出ることが確定した安全な取引となります。

残りの半分はうまくいけば、もっと利益が増えるかもしれないし、わずかな利益で終了になるかもしれません。いずれにせよ、この場合は利益が確定している安全な取引です。

このような安全な取引を、小さく、数多くこなします。

普通のビジネスとあまり変わらないですよね。このように博打と世間で呼ばれているFXでさえ、安全に確実に利益にできる〝仕組み〟があるのです。

そして、逆に損失になった場合、少しだけの損失を確定させて撤退します。

最も重要なことは、トレードを始める前に負けた場合、いくらの損失を被るかを把握しておくことです。最大損失許容額を確定しておくのです。そうすれば、仮にトレードで負けた場合でも自分の想定の範囲内に負けを抑えることができ、安心してトレードができます。

そして、一回ごとのトレードにこだわるのではなく、回数により、月間や年間での利益の額を重視します。〝この仕組み〟が資金管理により利益にする投資です。

しかし、FXトレードで利益にできるかどうかハッキリしたことは、実は誰にもわかりませんから、利益になる確率が高いときだけ、トレードするかどうかを検討します。いわゆる、「リスク(不確実性):リワード(報酬)=1:2」という法則です。

リワード(報酬)がリスクの2倍以上あるトレードができるときだけ、トレードしてあげるかどうか検討するという考え方です。ちょっとだけ上から目線です(笑)。チャンスのときだけ、少しだけリスクをとり、取引をして利益をいただきます。その利益を少しずつ、数多くのトレード数で積み上げます。一度の取引で大きく利益を取るのではありません。少しずつ、数多くがポイントです。

重要なのは、どれだけ手持ちの資金を残せたか、増やせたかです。大きく儲けても、次のトレードでさらに大きく負けてしまっては意味がありません。大きく負けないことが手持ちの資金を増やし続けていく肝になります。つまり、小さく負ける技術が重要です。

投資は確率のゲームなので、すべてに勝ち続けることはありえません。どんな天才でも、いつかは必ず負けるときが訪れます。ですから、いつ負けてもいいように備える、始める前に負けた場合の最大損失許容額を決めておく――その負けを小さい負けにする投資が、資産を増やせる投資です。市場には管理できるものと、できないものがあります。外国為替の価格がどう動くかは誰にもわかりません。管理できない領域です。管理できない領域での勝負にこだわりをもってはいけません。無意味なことです。管理できるものに注目しましょう。

管理できるのは、自分の行動です。利益や損失を確定するタイミングや金額、許容できるリスクの大きさなどです。管理できる領域での勝負が成功できるかどうかを決めるのです。資金管理が守りではなく、攻撃そのものと言われる所以です。これはすべての投資に共通する考え方です。

「競売不動産」で資産を増やす方法

津井 輝
埼玉県生まれ。50代、IT企業勤務の普通のサラリーマン。将来の年金不安に怯え、経済的自立を目指し不動産投資を開始する。素人であるがゆえに不動産取引の本質を知るべく、あえて「競売」から不動産投資をスタートする。アパート入札、アパート建築、築古戸建取得等、多くの学びを経て堅実に資産を拡大。資産の現金部分を増やすため、FX投資を始めるが、欲望が先走り即退場となり、恐ろしくなってFX投資を中断。しかし、株式会社メデュ代表取締役 鹿子木 健氏との出会いにより、真の資産拡大、資産防衛に目覚め、FX取引を再開する。ロウソク足の見方、チャート図の時間軸の使い方、レバレッジ管理、資金管理など、基本から学び直し、強制ロスカットで証拠金の3分の1を失うなど、多くの経験を積み、お金の本当の意味、安全な資産の拡大方法を身につける。投資を継続してゆく過程で、お金は目的ではなく、使命に進むための手段である事に気づき、仲間とともに成長し、幸せで、豊かで、充実した人生を送れる人を1人でも多く増やし、社会に貢献することを願っている。むずかしい事を平易な言葉に置き換える事を得意とし、年利10~20%程度の安心、安全な投資運用を行い、現在も資産を拡大中。最近では仮想通貨取引を開始した。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます

「競売不動産」で資産を増やす方法
  1. 【半沢直樹のセリフは本当⁉︎】サラリーマンこそ融資を受けやすい理由
  2. 投資はヒット&アウェイ!資金管理は守りではなく 「攻め」 そのもの
  3. 【不動産取引のブルーオーシャン!?】競売リスクをメリットに変える簡単な方法
  4. 【競売ではアパートを狙え!】最も投資対効果が高い2つの理由
  5. 【アパート経営で最も大切なのは掃除⁉︎】掃除を家族でやる深いワケ

続きを見る(外部サイト)

zuu onlineカテゴリの最新記事