【特集#02】3Dプリンターを開発した日本企業が儲けられなかった理由

【特集#02】3Dプリンターを開発した日本企業が儲けられなかった理由

あわせて読みたい

中小企業では、知財はまだまだ必要ないと思われる企業も多いだろう。しかしこれからの時代、知財は大いなるビジネスチャンスを秘めており、知らないことは大きな損失である。その点について、弁理士であり「貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ」「知財マネタイズ入門」(どちらもサンライズパブリッシングより出版)の著者・正林 真之氏に、知財の基本と心構えを伺った。

知財マネタイズ入門

正林 真之(しょうばやし・まさゆき)
正林国際特許商標事務所所長・弁理士。日本弁理士会副会長。国際パテント・マネタイザー 特許・商標を企業イノベーションに活用する知財経営コンサルティングの実績は国内外4000件以上。 1989年東京理科大学理学部応用化学科卒業。 1994年弁理士登録。1998年正林国際特許事務所(現・正林国際特許商標事務所)設立。 2007年〜2011年日本弁理士会副会長。東京大学先端科学技術研究センター知的財産法分野客員研究員、 東京大学大学院新領域創成科学研究科非常勤講師等を務める。著書に『貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ』や『知財マネタイズ入門』(ともにサンライズパブリッシング)。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます

技術をビジネスにつなげない日本

3Dプリンター,開発,日本企業

(写真=THE ONWER編集部)

ーー日本がうまく稼げていない例のひとつとして、著書の中で3Dプリンターの話をされていらっしゃいましたけど、あれはもともと日本が開発したのですね。ただうまく収益化できなかったから、今稼げてないと。

はい、結局はその技術から生み出される可能性を見いだせなかった、将来性を見れなかったと言ってもいいでしょう。それはマネタイズだけではなく、何に3Dプリンターを使うかという観点が少なかったということです。

たとえばGPSはカーナビに利用されて初めて製品になりましたが、それまでは用途が全然わかってなかった。ただ単に研究対象でおもしろいとしか見ていなかったでしょう。つまり、GPSの精度を上げて、もともと1メートルの誤差があったのを50センチにする、20センチにする、というのにはみんな興味があったのです。でもそれが一体なんの役に立つのか全然わからなかった。

同じことが3Dプリンターでも起こりました。つまり研究者が優秀な3Dプリンターを作ることだけに気を奪われていて、それが何に使えるかということがまったくわからなかったですよね。だから研究費用がなくなったのです。それはそうでしょう。採算度外視でやろうって人は、採算というものを全く考えないですからね。

ただ、採算度外視でやるほうが褒められますよね。で、お金儲けをすると非難される。アメリカではたとえば、ザッカ―・バーグにしたって、スティーブ・ジョブズにしたって、彼らが金持ちであることに対して日本企業はあまり良く思っていないかもしれません。新しいものを出したからすごいとはいわれますけど、金持ちだから偉いんだとか言わないですよね。

このような風潮だから、3Dプリンターもせっかく開発したのに、用途を見出してちゃんとマネタイズをやれなかったことと、採算度外視で研究だけやって、最後は金に詰まって終わってしまうでしょう。

マネタイズが軽視どころか軽蔑される日本

ーーそうなんですね。それはもうちょっとバジェットがあって続けていたら、変わってたんでしょうか?

予算があってもやっぱりそれをお金にしようという考え方がないと難しいでしょうね。もちろん潤沢に予算があって、最後まで完成させていたら、すごく精度のいいプリンターができたと思いますよ。世界一だったと思います。でもそれだけですよ。どうやったら「お金儲け」という他の要素に持っていけるかという観点がまったく欠けている訳ですから。

会社全体としてそういう気持ちがあったらできたかもしれない。日本のスマホ見てくださいよ。昔シャープからザウルスという携帯端末を出していたのですよ。電話をかけながら調べ物ができたり、文字も識字したし。もちろん性能は悪かったですけどね。さらに昔、iモードというスマホみたいな携帯があったのですが、ほとんど今ないですよ。

だから今のスマホを構成している便利な機能も、要素は日本にあったということです。その技術は、当時日本が世界一だった。もしその研究が続けられて、そこに電話さえくっつければ、ザウルスは今ものすごく世のなかに受け入れられたはずなのですよ。

ーーザウルス、名前すら知らなかったです。iモードはわかりますが。

iモードだって、昔はすごい有名でした。結局、iモードにザウルスを組み合わせれば、今のスマホになるわけですよ。ところがそれをやらなかった。

ーーアップルが先にそれを作ってしまったのですね。

そうですね。しかもデジカメだって日本のものだった。結局iモードにザウルスつけて、デジカメつければ、立派なiPhoneじゃないですか。それなのにみんな結局途中でやめてしまうわけです。結局そこをマネタイズできなくて、採算度外視しすぎて、最後はお金に詰まってということですよね。

ーーモーツアルト側ということですね。

その点では、ソニーなんか昔はすごかったと思います。まだ基礎研究所とか中央研究所があったときは、モノづくりをやっている一方でカネづくりもやっていた。でも、途中からその均衡がくずれて、理系の社長から文科系の社長になったところで、モノづくりを捨ててカネづくりしかしなくなってしまった。そして、理系の研究者らを全て「あいつらオタクだから」と、大事な基礎研究所までをもしてしまったのです。

モノづくりの方々が、少しでもいいからカネづくりのことを考えて、自分たちが使う金を自分たちで稼いでくれてさえいれば研究を続けられたかもしれません。しかし研究サイドは「俺は金儲けのために研究しているわけじゃない。それは会社の別の人が考えることだ」っていうような感覚があって。この断絶が起こっているなかで、会社が発展する要素はあるのでしょうか? 日本が衰退した理由とは、そんなに難しい話ではありません。

理系と文系を仲良くさせて、モノづくりとカネづくりをバランスよくやれば良いだけなのです。「カネづくりは悪い。金持ちはとんでもない。あいつらは性格も悪いし、汚いことをやって儲けているに違いない」と、考える人たちが主導権を握っていては、日本は技術立国かもしれませんが、そりゃお金なんか儲からないですよね。

家元制度はプッチーニ型の原点

ーーモーツアルト型の企業が、日本には多いのかもしれませんね。反対にプッチーニ型の企業ってありますか? 先生がいくつか例を出されていましたけど。よりプッチーニ型だなと思われる企業とはどこでしょうか?

プッチーニ型の企業はいくつかありますよね。昔からのものでいけば、生け花とかお茶の方々がそうですよね。家元制度全般です。だってお花がうまくたって、お茶がうまくたって、そんなのなんでもないですよ。ただ価値があるかのように権利を作っているだけですから。

彼らは何も作ってないですよね。だけどなんか知らないけどお金が儲かるという、あれが根源ですよね。

ーー家元で人間国宝的な扱いになると、いろんなところに招かれて、勝手にマネタイズができるのだと思うのですが、あれも名声をあえて作っているということですか?

そうです。空手や剣道にしたって、いろんな流派があるけれど、どの流派が強いかなんて誰もやらないですよね。なぜなら、どれかひとつが強くて他の道場がつぶれたら、一生懸命道場に行って、強くなって黒帯を取る人とか全部いなくなるでしょう。全体のビジネスモデルが崩れるわけですよ。

ひとくちに武道とは言っても、いちいち段級審査でお金を取っているという、あれも本当にひとつのビジネスモデルです。もちろん権利だけで商売をしている人は、当然のことながら、今の世にもたくさんいます。歌謡曲や演歌を歌っている歌手もそうですし、作曲家もそうです。権利ビジネスでカネづくりをやっているという、プッチーニみたいのはたくさんいるわけです。

知財を税金の二重課税対策にする

ーー財閥系の創業家が資産管理会社で知財権を持っている、というようなお話も著書に書かれていましたね。

三井商号商標保全会ですね。それが三井不動産のなかにあって、三井のいろんなマークを管理して、創業家に渡しているのですよ。住友のほうはなくなってしまいましたけど。住友マークって、赤と青と緑のマークがあるじゃないですか。それぞれ業種が違って各々全部管理しているのです。

ーーオーナー社長の資産管理会社で、知財権を管理会社に移して、定期的にキャッシュを受け取っているオーナーさんって実は多かったりするのでしょうか?

そうです。打ち出の小槌と同じですもんね。取締役は取締役報酬しかもらわないじゃないですか。ほとんどボーナスないですよね。その理由というのは、日本では取締役のボーナスって二重課税なのですよ。結局はみんな取締役になると、とたんにボーナスももらえなくなるんです。でも、やる気が落ちません? ボーナスがなくなると。

ーー確かに落ちますね。

落ちるでしょう。それなのに日本の国はそこについて全く考えていない。取締役というのは報酬がなくたって、自然に自分を燃えあがらせていくものだと思っているのですよね。だから二重に課税をするのですよ。

これ、他の国では違うのです。社員がボーナスをもらったら、自分もボーナスをもらえるのですよ。でも日本の取締役は、報酬も少ないうえに、ボーナスも無い。特にアメリカと比べるととても貧弱です。(提供:THE OWNER

続きを見る(外部サイト)

zuu onlineカテゴリの最新記事